凡人は歴史に学ぶ

歴史を学ぶって、まさに人間学なんですよね。

武田勝頼の残念

 武田勝頼は、1546年、甲斐の守護大名武田信玄の四男として生まれました。母は信玄によって滅ぼされた諏訪頼重の娘で、「諏訪御料人」と呼ばれていた女性です。当初、勝頼は、母の実家である諏訪氏を継いだため「諏訪四郎勝頼」、また信濃の伊那郡代高遠城城主であったため「伊那四郎勝頼」とも名乗っていました。勝頼の「勝」は信玄の幼名「勝千代」に由来するとされますが、武田氏の通字の「信」はつけられず、諏訪氏の通字の「頼」がつけられていることから、勝頼が置かれた立場が伺えます。

 ところが、勝頼が20歳になった1565年、思いも寄らない転機が訪れます。信玄の長男で、武田氏の家督を継ぐはずだった兄の義信が、信玄に対し謀反を企てたために幽閉され廃嫡されてしまったのです。さらに義信の下には次男の龍宝(りゅうほう)、三男の信之の2人の弟がいましたが、龍宝は盲目だったために出家しており、信之は10歳で早世していました。そのため、四男の勝頼が急きょ家督相続の候補となり、武田氏の本拠の躑躅ケ崎(つつじがさき)館に呼び戻されました。そして、1573年4月に信玄が亡くなると、信玄の遺言により勝頼の嫡男・信勝を次の当主とし、勝頼は「陣代」という後見人の立場となりました。実質上の当主です。

 武将としての勝頼の力量はというと、信玄の在世中からいくつかの城攻めを任され、今川方だった駿河の蒲原城遠江の二俣城などを落とし、信玄が亡くなった翌年には、信玄が落とせなかった遠江高天神城を落とすことに成功しています。実は、勝頼の代になってからの領国は、名将といわれた父の時代よりうんと大きくなったのです。長年のライバルとして戦ってきた織田信長も後に、勝頼を「日本に隠れなき弓取」と評しています。

 しかしながら、名門で戦国最強といわれていた武田氏を滅亡に追いやってしまったのも勝頼であり、そのため、武将としての一般的な評価は決して高くありません。大河ドラマなどでも何となく影の薄い存在として登場します。やはり終わりが悪ければそれまでのことが全て肯定されなくなってしまうのでしょうか。

 連戦連勝を重ねながら途中からうまくいかなくなった原因は、特に父が落とせなかった高天神城を落としたことで自信過剰となり、それが仇になったとも言われます。その後の、三河長篠城の奪回をめざした織田信長徳川家康連合軍との「長篠の戦い」では、戦前に宿老たちから強い慎重論があったといいます。しかし、それを無理に押し切っての大敗北。 多くの重臣を失った武田氏はそれから衰退の一途をたどり、1582年3月の「天目山の戦い」で織田軍に敗れ、とうとう武田氏は滅亡したのです。勝頼の享年は37歳でした。 

 信玄は生前、孫子の兵法にのっとり、戦の勝ち方にも上中下があると述べていました。すなわち「戦いは五分の勝ちを持って上となし、七分を中とし、十を下とす」というのです。五分の勝利であれば、緊張感も残り次への発奮につながる。しかし、七分だと油断が生じやすく、完全勝利では、おごりが生じ、次の戦で大敗してしまう下地になってしまう、と。「腹八分目」という言葉もありますが、非常に重要な眼目を含んだ言葉であると思います。勝頼は、そのあたりの自制力や深謀遠慮が足らなかったのかなと、残念に思います。

 

f:id:yukoyuko1919:20200514080600j:plain

新装版 武田勝頼(一)陽の巻 (講談社文庫)

新装版 武田勝頼(一)陽の巻 (講談社文庫)

  • 作者:新田 次郎
  • 発売日: 2009/09/15
  • メディア: 文庫