凡人は歴史に学ぶ

歴史を学ぶって、まさに人間学なんですよね。

天皇の名前

 歴代天皇には、推古天皇天智天皇桓武天皇などとそれぞれの名前が付けられていますが、生前の天皇がそう呼ばれたことはないんですね。天皇はこの世に唯一無二の存在とされますから、天皇はあくまで天皇、区別して呼ぶ必要はないとされてきたのです。あえて呼ぶとすれば、「御上」「主上」「御門」「禁裏」、あるいは「今上天皇」という言い方がされます。本名で呼ぶなどとんでもない!

 私たちが知っている天皇の名前は、いずれも天皇が亡くなってから、次代の天皇または後世の人が献上したものです。これには「諡号」と「追号」という2つのパターンがあります。「諡号」は、在位中に亡くなった天皇に対し、次代天皇が前天皇の業績を称えて献上するもので、「追号」は、位を譲り亡くなったときには天皇の地位にはなかった元天皇におくられる名前とされます。

 じゃあ、この両者は何が違うかというと、「諡号」は賞賛の意味合いが強く、中国の古典などを参考にして熟慮された名づけが多いのに対し、「追号」は、生前の天皇の居所や馴染みのあった場所などから名づけされました。「諡号」に比べて何となくお手軽な感じの「追号」は、平安時代の中期以降に増えており、これは、時代の流れとともに天皇の地位・権力が移り変わってきたことと関係があるようです。

 ところで、天皇の名前に「後〇〇」というのがけっこう多く見られます。後一条後令泉後白河後醍醐などなど。これら「後〇〇天皇」の名前があるのは、その前に「〇〇天皇」がいたということですが、よりいっそうお手軽感が強い?この名づけには、いったいどんな意味があったのでしょうか。

 これには、大きく3つのパターンがあるとされます。第一は、後〇〇天皇が〇〇天皇の子という場合、第二は、後〇〇天皇は〇〇天皇と同じ場所に住んでいたという場合、そして第三は、後〇〇天皇が残した業績が〇〇天皇に似ているという場合です。また、この第三のパターンに近いといっていいか、生前に自ら望んで付けられた名前もあるようで、たとえば後白河天皇(第77代)は、上皇になっても天皇以上の権力を有した白河天皇(第72代)に憧れ、後醍醐天皇(第96代)も、醍醐天皇(第60代)の治世を理想としてこの名前を望んだといわれます。

 なお、中には「後〇〇天皇」は存在するにもかかわらず、その前に「〇〇天皇」がいないというケースもあります。たとえば、後柏原(第104代)、後奈良(第105代)という天皇はいますが、柏原天皇と奈良天皇という天皇はいません。実は、「柏原」は桓武天皇(第50代)、「奈良」は平城天皇(第51代)の通称で、それらに「後」をつけたのです。

 

f:id:yukoyuko1919:20200606034013j:plain