凡人は歴史に学ぶ

歴史を学ぶって、まさに人間学なんですよね。

新井白石の『折たく柴の木』

 『折たく柴の木』は、日本最初といわれる自叙伝で、著者は江戸時代中期の旗本・政治家・朱子学者である新井白石です。彼がこの自伝を書き始めたのは。政治の中枢から退いた直後の59歳のときで、68歳で亡くなる数年前まで書き続けたとされます。執筆の動機は「自分の祖父の時代のことさえはっきりとした記録がない。まして自分の時代についても後世には不明なことが多くなるだろう、せめて自分の生きている間に記録として残しておきたい」というものでした(序文から)。学者としての義務感によるものだったのでしょうか。

 『折たく柴の木』は上・中・下の3巻からなり、平易な和漢混合文で記されています。上巻の内容は自身の生い立ちや祖父母、両親に関する記述が中心で、中・下巻は将軍家ならびに幕府関係の業績、記録などが中心となっています。ただ「外様の人の見るべきものにもあらねば」との記述もあることから、あくまで非公開が前提の自叙伝だったようです。書名は、後鳥羽天皇の御製歌「思ひ出づる折りたく柴の夕煙むせぶもうれし忘れ形見に」(新古今和歌集)に由来しています。

 寒中、眠気をもよおしてくると水をかぶって読書を続けたというエピソードもある秀才白石は、貧しい武士の子でしたが、幼いころから学者をめざしていました。6歳のときに、教養のある人から「この子には文才がある」と誉められたものの、周囲の老人たちから「利根(才能)、気根(根性)、黄金(資金)の三ごんがなければ学者として大成できない」と言われ不安になったという話も載っています。

 また、1703年(元禄16年)、江戸と東海地方を襲った大地震の際には、出仕先の甲府江戸屋敷に駆けつけますが、「家たおれなば火こそ出べけれ。燈うちけすべきものを」と、「ぐらっときたらまず火を消せ」という今日にも通用する地震標語を警告しています。さらには1707年(宝永4年)に起きた富士山大噴火のときの記述もあります。降灰による大被害のなか、さまざまな怪現象の風聞が流れたようですが、白石は「まのあたり見しにもあらぬ事共は、こゝにはしるさず」(自分の目で確かめていないことは、ここには書かない)と慎重な態度を示しています。なお、今ある宝永山はこの時にできた山です。

 白石は甲府藩主・徳川綱豊に仕え、綱豊が6代将軍・家宣となった後は将軍家の家庭教師兼政治指南役として勤め、家宣が亡くなった後も7代・家継に仕えました。いわば体制側の人間だったにもかかわらず進歩的な合理主義者であり、この本のなかでも、林信篤が「正徳」の年号の正の字が不祥だから改元したほうがいいと提案したことに反対し「年号の文字には罪はない」と反論したり、幕府の財政改善のため朝鮮特使の待遇を簡略化、また、参勤交代の人数や将軍家への献上品を減らさせるなどしています。几帳面な性格で、学識も当時としては抜群だったといわれます。

 

f:id:yukoyuko1919:20200908072057j:plain

サルとヒトの決定的な分かれ目

 ダーウィンの「進化論」によれば、私たちヒトの祖先はサルであるとされます。でもホントにそうなんでしょうか。だって、今のサルが将来ヒトになるようには到底思えませんし、素人目には、サルはずっとサルのような気がします。近ごろでは「進化論」を真っ向から否定する意見も強く主張されておるようですし、ダーウィン自身もヒトの進化についてのみ、そのスピードが早すぎて説明できないとしています。

 しかしまーともかく、一般にサルとヒトの決定的な分かれ目となったのは、直立二足歩行をしたかそうでないかとされます。ゴリラもチンパンジーもふつうは手をついて歩きます。直立二足歩行をするようになったヒトは、手が自由に使えるようになり、手をあれこれ動かすことで脳を刺激し大きく発達していったそうです。また、ヒトの直立も脳が大きく発達するにはたいへん好都合で、もしヒトが直立していなかったら、こんな大きな脳は重くて支えられないといいます。

 ところが、この直立二足歩行は、一方でヒトの体のあちこちに無理な負担を強いる結果にもなりました。たとえば脳貧血や痔、これらはヒトが直立してしまったがゆえに起こる病気です。貧血で倒れるネコなどいませんし、痔に苦しむイヌもいません。

 さらには女性が子どもを産むときの苦しい陣痛。出産のときにこれほど苦しむ動物はヒト以外にはないといいます。これも直立二足歩行のせいで、胎児が下に落っこちないように子宮口が固く締まるようになってしまったせいです。出産の時にはそれをこじ開けなければならず、それで激しい陣痛をともなうようになった。女性には、たいへんお気の毒なことであります。

 でも、これらの証拠からヒトもかつては四つ足で歩いていたというなら、やっぱりご先祖はサルだったんでしょうか。大いなるミステリーであります。

 

f:id:yukoyuko1919:20200903122301j:plain

防人の苦難

韓衣(からころむ)裾(すそ)に取りつき泣く子らを置きてぞ来(き)のや母(おも)なしにして

 

 この歌は『万葉集』に収められている防人の歌です。信濃国の歌で「韓衣の裾に取りすがって泣く子どもたちを置き去りにして来てしまった。母親もいないままで」と、防人として家を離れる辛さを歌っています。

 防人は、663年に百済救済のために出兵した白村江の戦いで唐・新羅連合軍に敗れたのを機に、北九州沿岸の防衛のため、軍防令が発せられて設置されました。大宰府に防人司(さきもりのつかさ)が置かれ、おもに東国の出身者の中から選抜、定員は約1000名、勤務期間は3年とされていました。 

 防人の徴兵は、逃げたり仮病を使ったりさせないため、事前連絡もなく突然にやってきて連れていったといいますからずいぶん乱暴です。まず都に集め、難波の港から船で筑紫に向かいました。家から難波までの費用は自前でした。

 ところで、防人として徴兵されたのは、わずかな例外を除いて、ずっと東国の出身者でした。これは何故か?

 白村江の戦い以降、日本に逃れてきた百済の宮廷人や兵士は、それぞれ朝廷で文化や軍事の担い手として活躍しました。しかし、身分の低い人や兵士らは幾度かに分けて東国に移植されました。同族間の憎しみは、ときにより激しいものになるといいます。天智天皇は東国で新たな生活を始めた百済人を防人として、再びかり出し、日本を襲ってくるかもしれない彼らの祖国の同胞に立ち向かわせたというのです。何とも切ないお話です。

 

f:id:yukoyuko1919:20200908041118j:plain

『日本の伝統の正体』

 お正月には皆さん、初詣に行かれますね。もっとも新型コロナの影響で、来年のお正月はどうなることやら。そんでもってこの初詣という風習、ずいぶん昔からあるように思われていますが、『日本の伝統の正体』という本によれば、誕生は明治中期だそうです。え、うっそーという感じ。1872年に東海道線が開通したわけですが、初詣が始まったのは、鉄道会社の作戦だったといいます。

 おせち料理も、祝いの席の料理として奈良時代から存在してはいましたが、正月のおせちを重箱に詰めるようになったのは幕末から明治にかけてで、戦後、デパートの販売戦略によって定着したんだそうです。近ごろは犬、猫などペット用のおせちも売られていますから驚きます。これも誰かの作戦ですかね。

 また、節分に恵方を向いて食べるという恵方巻にいたっては、戦前から戦後にかけて大阪の寿司・海苔業界が大宣伝して関西の一部地域に広まり、これを1989年にセブンイレブンが取り入れて大ヒット。98年に全国展開され、他のコンビニ各社も続々参入して現在に至っている。私が子供のころにはありませんでしたもん、こんなの。

 ことさように、古くからあるとされている伝統?には、けっこう怪しいものが多いようで。

 

f:id:yukoyuko1919:20200819054430j:plain

「日本の伝統」の正体

「日本の伝統」の正体

  • 作者:藤井 青銅
  • 発売日: 2017/11/23
  • メディア: 単行本
 

額田王と大海人皇子

 『万葉集』巻第一には、額田王(ぬかたのおおきみ)と大海人皇子(おおあまのおうじ)が交わしたとされる歌が載っています。額田王は宮廷に仕え『万葉集』随一の女流歌人といわれる女性で、大海人皇子は後の天武天皇です。

 

あかねさす紫野行き標野(しめの)行き野守は見ずや君が袖振る

紫草(むらさき)のにほへる妹(いも)を憎くあらば人妻ゆゑにあれ恋ひめやも

 
 はじめの額田王による歌は「茜色に輝く紫草が栽培されている野、天皇が管理されているこの野には番人がいます。その番人たちに見られてしまうではありませんか、あなたが私に袖を振っているのを。それが不安です」という意味。そして次の大海人皇子の歌は「茜色の紫草のように色美しいあなたを憎く思うのであれば、もはや人妻であるあなたに、これほどまでに恋するはずはないではないか。そういう危ないことをするのも、あなたが可愛いからだ」というような意味です。

 「あかねさす」は「紫」にかかる枕詞。「紫野」は紫草が栽培されている野で、根から染料をとっていました。「標野」は他人が入れないように標(しめ)を結ってある土地。袖を振る行為は求愛のしるしとされていました。

 天智天皇7年(668年)5月5日、新都の近江大津宮から1日の行程の蒲生野(がもうの)という場所で、宮廷をあげての「薬狩り」が催されました。薬狩りというのは、鹿の角袋や薬草を採る、夏の宮廷行事でした。この2首は、その折に額田王大海人皇子に贈り、それに大海人皇子が答えた歌とされます。

 額田王は初め大海人皇子の妃となり、十市皇女(とをちのひめみこ)を生みましたが、後に天智天皇となった兄・中大兄皇子後宮に入り寵愛を受けました。兄が弟の恋人を奪ったということでしょうか。そして、この歌が交わされた時の二人は、いわば元カノ・元カレの関係でした。すでに人妻となった額田王が、元カレの大海人皇子の人目をはばからない求愛の行為に対して、口ではそれをたしなめながらも心ではひそかに皇子に好意を寄せている複雑な女心、そして、大海人皇子の大胆で率直な男心・・・。

 実際には、狩りの後の宴席で、3人の関係を知る人たちを前に座興として交わされた歌のようです。このやりとりに、場は大いに盛り上がったことでしょう。しかし、当の2人の内心はどうだったのでしょう。座興としてしか思いを伝えられない関係だからこそ、この上ない恋心の揺れ動きが潜んでいる気がしないでもありません。また、その後、「壬申の乱」に至った歴史を見ると、単なる座興ではすまされない、凄まじい心の葛藤も垣間見えます。

 壬申の乱は、天智天皇の死後、弟の大海人皇子と息子の大友皇子(おおとものおうじ)が後継者を争った、古代最大の争乱といわれる事件です。生前の天智天皇は最初は、白村江の戦いから大津宮への遷都などの苦難をともに乗り越えてきた弟の大海人皇子皇位継承者として認めていました。しかし、実の子の大友皇子が成長すると、やはり我が子がかわいくなり、しだいに大海人皇子を遠ざけるようになったのです。

 この動きを察した大海人皇子は自らの暗殺を恐れ、病床の天智天皇に、皇位に野心のないことを示すため出家の意志を告げて、吉野に引きこもります。そして、天智天皇の死後、大友皇子弘文天皇として即位し、吉野攻めの準備を始めます。それを知った大海人皇子は、東国からの大友皇子への支援ルートをさえぎるため鈴鹿関をふさぎ、自軍を組織。大海人皇子への信頼・同情や弘文天皇への反発もあり、中小豪族や没落した中央豪族などが大海人皇子方につきました。そして不破関から近江に入り、大津宮を襲いました。

 戦いは1ヶ月で終わり、敗北した大友皇子は自殺。大海人皇子は都を飛鳥に戻し、飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)で即位して天武天皇となります。

 

f:id:yukoyuko1919:20200825045928j:plain

ディスカバー・ジャパン

 コロナ渦で延期された東京オリンピックの来年の開催も危ぶまれていますが、前回の東京オリンピックが開催されたのが今から56年前の1964年(昭和39年)のこと。開催に合わせて東海道新幹線が開通、1970年には大阪で万博が開催され、このころは、日本全体がまっしぐらに前に向かって進んでいた時期ですね。都会では、街の景色もどんどん変わりつつありました。

 そんななか、19歳でデビューした小柳ルミ子さんの『私の城下町』という曲が、大ヒットしました(昭和46年)。同じころ流行っていた「ディスカバー・ジャパン」という言葉とともに、忘れかけていた古き良き日本の情緒を思い起こそうというムードが、にわかに沸き立ったのでした。たしかに当時、あの歌のもつ雰囲気はとても新鮮かつ衝撃的だったと思います。

 日本のあちこちで進んでいくスクラップ・アンド・ビルドの凄まじい勢いに、多くの人たちが一様に「ちょっと待てよ」という雰囲気になったのでしょう。しかし、結局はそれも情緒的な反応にとどまり、社会が前進するペースはゆるみはしませんでした。そうした動きが、公害などの様々な歪みとなって現れたのだと思いますが、しかし、当時の大人の人たちは、みんなガムシャラに頑張っていたんですね。

 

f:id:yukoyuko1919:20200819065909j:plain

アインシュタイン博士の言葉

 かのアインシュタイン博士が、かつてわが国ニッポンについて、次のように述べた言葉があります。

 
―― 近代日本の発達ほど世界を驚かせたものはない。その驚異的発展には他の国と違った何ものかがなくてはならない。果たせるかなこの国の歴史がそれである。この長い歴史を通じて一系の天皇を戴いてきたという国体を持っていることが、それこそ今日の日本をあらしめたのである。

 私はいつも、この広い世界のどこかに、一か所ぐらいはこのように尊い国がなくてはならないと考えてきた。なぜならば、世界は進むだけ進んでその間幾度も戦争を繰り返してきたが、最後には闘争に疲れるときが来るだろう。そのとき人類は必ず真の平和を求めて世界の盟主を挙げなければならないに違いない。

 その世界の盟主こそは、武力や金の力ではなく、あらゆる国の歴史を超越した、世界でもっとも古く且つ尊い国柄でなくてはならない。世界の文化はアジアに始まってアジアに帰る。それはアジアの高峰日本に立ち戻らねばならない。我々は神に感謝する。神が我々人類に日本という国を作っておいてくれたことである。――

 

f:id:yukoyuko1919:20200819064351j:plain