凡人は歴史に学ぶ

歴史を学ぶって、まさに人間学なんですよね。

家康が最も愛した側室「阿茶局」

 徳川家康が生涯にもった正室と側室の人数は21人ぐらいだったといわれます。織田信長が10人ぐらい、豊臣秀吉が17人ぐらいだったのと比べると多いのですが、信長が49歳、秀吉が61歳で亡くなったのに対し、家康は75歳まで生きましたから、それなりに人数が多くなるのも当然でしょう。決して家康がいちばんスケベ?だったわけじゃない。

 戦国時代は、同盟強化のため政略結婚が多かったとはいえ、側室は自分の好みで選ぶことが多かったようです。たとえば秀吉は、出自のコンプレックスがあったためか、名門育ちの美人を好み、とくに出世してからは生娘にこだわったとか。一方、家康はというと、晩年を除いては未亡人が多く、さらに出産経験者も多数含まれていました。この理由は、少しでも多くの子孫を残すのを優先したためだとされます。一度でも出産した経験がある女性なら安心と考えたのでしょうか。

 そんな中、家康が生涯にわたって最も愛した側室は「阿茶局(あちゃのつぼね)」だといわれます。家康が阿茶局を側室に迎えたのは、1579年のこと。信長の命によって、正室築山殿と長男・信康を殺害せざるを得なくなった年と同じ年のことでした。この時、家康38歳、阿茶局25歳。どのような経緯で家康の目に留まったのかは不明ですが、まさに悲痛の只中にあったときに、家康は阿茶局に出逢ったのです。

 阿茶局は、もともと甲州武田家に仕えていた飯田直政の娘で、本名は須和、19歳で今川氏の家臣・神尾忠重に嫁ぎ二男をもうけたものの、その後に忠重が亡くなってしまいます。つまり、この時の阿茶局は「未亡人」かつ「出産経験あり」の女性となっていたのです。また彼女は、弓術と馬術に優れていたといいます。しかも戦場に幾度となく同行し、馬にも乗っていたそうですから驚きます。武家生まれの女性が武芸を習うのは当たり前だったとはいえ、戦場の前線に出て働くためではありません。あくまで籠城に備えてのこと。阿茶局の実力はかなりのものだったようです。

 さらに彼女が優れていたのが、政治力というか、とりわけ外交能力、折衝力です。『徳川実記』には、阿茶局について次のような記述があります。

「阿茶の局という、女にめずらしき才略ありて、そこ頃出頭し、おほかた御陣中にも召具せられ、慶長十九年、大坂の御陣にも常高院とおなじく城中にいり、淀殿に対面して御和睦の事ども、すべて思召ままになしおほせけるをもて、世にその才覚を感ぜざるものなし」

 阿茶局を評するに際し「才略」「才覚」という、この上ない褒め言葉が使われています。側室というより側近、女参謀という風情で、ここにある「大坂の陣(1614~15年)」では、阿茶局は次のような関わりを見せています。まず、この戦いのきっかけになった「方広寺鐘銘事件」。家康の勧めによって豊臣方が建てた方広寺の鐘銘にイチャモンをつけたあの有名な事件ですが、弁明のためにやって来た豊臣方の家臣・片桐且元らと対面し交渉を引き受けたのが、阿茶局でした。

 さらに「大坂冬の陣」後に、本多忠純ととも和睦交渉を行ったのも阿茶局だとされます。それまで難攻不落の城と名高い大坂城だったわけですが、その堀を埋めることに成功、そして落城へと導きます。これも「大坂冬の陣」の和睦があったればこそといえます。「大坂夏の陣」では家康の陣が真田信繁に肉薄されましたが、そのときも阿茶局は家康のそばにいて家康を守ろうとしたといわれます。これらの功績により、阿茶局は、徳川重臣からも一目置かれる存在となっていきます。

 そうして徳川による支配を確固たるものにした家康でしたが、その翌年に死去。側室たちも剃髪してその座から引き下がるのが通例ですが、阿茶局ただ一人はそれが許されませんでした。彼女の才を惜しんだ家康の遺言によって、政治の表舞台の場に留め置かれたのです。また、2代目の若い秀忠には、彼女の政治力、才覚が必要だとの判断もあったようです。秀忠にとって、阿茶局はもともと母代りでもあった存在です。秀忠の実母が亡くなって、家康は阿茶局に秀忠を養育させてきたのです。

 1620年、秀忠の五女・和子(まさこ)が後水尾天皇の女御として入内、天皇家に嫁ぐことになりました。このとき、阿茶局は母親代わりとなって和子に随行。その後も和子が懐妊、出産のたびに上洛し、あれこれ尽力しました。その功により天皇から「従一位」という、臣下の女性として最高位の官位を賜っています。和子にとってもまた阿茶局はかけがえのない存在だったのでしょう。

 そんな頭抜けた大出世を遂げた阿茶局がようやく剃髪を許されたのは、秀忠が死んだ後になってからでした。号は「雲光院」。そして、1637年、83歳でこの世を去ります。家康との間に子はできなかったものの、家康の死後、21年も生きて徳川家のために尽くしたのでした。彼女は、まさに「デキる男」が見初めた「デキる女」ではなかったでしょうか。

 なお、家康には他の側室のなかに「茶阿局」という女性がいましたが、文字がひっくり返った全くの別人ですので、混同なきよう。

 

f:id:yukoyuko1919:20200529074316j:plain

ゴロウニン事件と高田屋嘉兵衛

 1804年、ロシアの使節レザノフが長崎に入港してきました。その前の1792年に、ラクスマン江戸幕府の老中松平定信との間で交わされていた国交樹立の約束の履行を求めてきたのです。しかし、その時すでに松平定信は失脚しており、レザノフは長崎奉行所に半年以上も半軟禁状態に置かれたあげく拒絶されたため、その腹いせに、部下に命じ樺太、択捉などを襲撃させました。ロシアに強い不信感を抱いた日本側は、1811年、千島列島を測量中だったロシア軍艦ディアナ号の艦長ゴロウニンを逮捕、松前へ連行して幽閉するという事件に発展しました。

 これに対してディアナ号の副艦長リコルドが報復措置として、当時、関西と北海道を行き来して利益を得ていた豪商・高田屋嘉兵衛を捕え、カムチャツカへ連行しました。まさに一触即発の事態となりましたが、ここで人質となっていた高田屋嘉兵衛が思わぬ行動に出ました。リコルドに対し、自分がゴロウニン釈放の斡旋をすると申し出たのです。そして、幕府へ謝罪の文書を提出すれば、きっとゴロウニンは釈放されるだろうと説得しました。

 このときカムチャツカ長官に任命されていたリコルドは嘉兵衛を信頼し、自らの官職名で謝罪文を書き、嘉兵衛を伴って箱館で日本側と交渉。嘉兵衛は両国の間に立って事態を収拾、その翌年にゴロウニンは釈放され、事件は円満に解決しました。ディアナ号が箱館を離れる際、その乗組員全員が嘉兵衛に向かって、「大将、ウラー(万歳)!」を三唱、嘉兵衛もこれに応えて、「ウラー、ディアナ!」と叫んだといいます。

 この後、嘉兵衛は外国帰りとの理由でしばらく罪人扱いされましたが、やがて事件解決の功績が評価され、幕府から「蝦夷地御雇船頭」という肩書きを与えられます。晩年は故郷の淡路島に帰り、感慨工事を行ったり港の整備のために寄付するなど、地元のために財を投じました。一方、ロシアに帰国したゴロウニンとリコルドは、これらのエピソードを本にして出版し大反響を呼びました。各国語にも翻訳され、日本に関する最も信頼のおける資料との評価を受け、ヨーロッパ人の「日本人観」に大きな影響を与えたのです。

 

f:id:yukoyuko1919:20200313083027j:plain

信長の葬儀

 本能寺の変で自害したとされる織田信長の葬儀は、豊臣秀吉の主宰によって、京都の大徳寺でしめやか且つ盛大に行われました。1582年10月15日のことで、本能寺の変から約4ヵ月を経ていました。しかし、信長の柩やそれを乗せる輿は金銀、宝玉できらびやかに飾られていたものの、肝心の信長の遺体はその柩には納められてはいませんでした。

 1万3,000ともいわれる明智軍に包囲され、本能寺が火に包まれると、「もはやこれまで」と観念した信長は、自ら命を絶ったとされています。しかし、彼の遺体は現在に至るまで発見されていません。当時、明智軍は、信長の首を鴨川河原にさらすため懸命に探しましたが、見つけることができませんでした。山崎の戦い明智光秀を破った秀吉も信長の遺体を探索させましたが、やはり見つかっていません。

 しかし、それがかえって秀吉にとって幸いしたとも言えます。もし光秀が遺体を発見していれば、あるいはその後に見つかっていたら、葬儀の形はもとより、ひょっとして天下取りの行方も変わっていたかもしれません。そこを突いた?秀吉は、信長の遺体の代わりに、高価な香木の沈香によって二体の等身大の木像を作らせました。うち一体を信長の遺体代わりに棺に納めて焼き、その灰を遺骨に見立てて大徳寺総見院に埋葬、残り一体は寺に安置されました。

 秀吉にとって、葬儀の形はどうあれ、こうして信長を手厚く葬ることが、次代のリーダーとして天下統一に向かうために不可欠な大デモンストレーションだったのです。つまり、織田家内の覇権を確立したのは自分であると認めさせる、またとないアピールだったわけです。

 その意図が誰の目にも明らかでしたから、秀吉を嫌う人たちは、信長に近い人々であっても、ほとんどこの葬儀に参列していません。長男の信忠は、本能寺の変のとき、二条御所で防戦した末に自害しましたが、生き残った次男・信雄も三男・信孝も参列しませんでした。また、柴田勝家などの重臣も、いっさいこれを無視しました。ただ、四男・秀勝が名目上喪主とされ参列しましたが、このときはすでに秀吉の養子という立場にありました。

 葬儀に先立ち、秀吉は大徳寺に多額の作善料(お布施)を寄付、寺の近辺の土地の権利も与えています。また、朝廷に働きかけ、信長に従一位太政大臣という官位の追贈を得ていました。葬儀には、京都中から公家や僧侶をかき集め、総勢3,000人に及ぶ葬列を組み、また、信雄や信忠らによる妨害も想定されたため、秀吉の弟・羽柴秀長を筆頭とした3万もの兵が警護しました。

 葬列にはおびただしい数の見物人が押し寄せ、多くの民衆が、信長の後継者が秀吉であるのを認識したといいます。これにより織田家の分裂は決定的となり、秀吉はこの翌年、賤ヶ岳の戦い柴田勝家を破り滅亡させ、信雄を利用し信孝を自害に追い込み、さらに信雄や家康との争いを制すると、一気に天下統一を手中にし、その野望を実現します。

 

f:id:yukoyuko1919:20200601061200j:plain

bonjinrekisi.hatenablog.com 

天皇の名前

 歴代天皇には、推古天皇天智天皇桓武天皇などとそれぞれの名前が付けられていますが、生前の天皇がそう呼ばれたことはないんですね。天皇はこの世に唯一無二の存在とされますから、天皇はあくまで天皇、区別して呼ぶ必要はないとされてきたのです。あえて呼ぶとすれば、「御上」「主上」「御門」「禁裏」、あるいは「今上天皇」という言い方がされます。本名で呼ぶなどとんでもない!

 私たちが知っている天皇の名前は、いずれも天皇が亡くなってから、次代の天皇または後世の人が献上したものです。これには「諡号」と「追号」という2つのパターンがあります。「諡号」は、在位中に亡くなった天皇に対し、次代天皇が前天皇の業績を称えて献上するもので、「追号」は、位を譲り亡くなったときには天皇の地位にはなかった元天皇におくられる名前とされます。

 じゃあ、この両者は何が違うかというと、「諡号」は賞賛の意味合いが強く、中国の古典などを参考にして熟慮された名づけが多いのに対し、「追号」は、生前の天皇の居所や馴染みのあった場所などから名づけされました。「諡号」に比べて何となくお手軽な感じの「追号」は、平安時代の中期以降に増えており、これは、時代の流れとともに天皇の地位・権力が移り変わってきたことと関係があるようです。

 ところで、天皇の名前に「後〇〇」というのがけっこう多く見られます。後一条後令泉後白河後醍醐などなど。これら「後〇〇天皇」の名前があるのは、その前に「〇〇天皇」がいたということですが、よりいっそうお手軽感が強い?この名づけには、いったいどんな意味があったのでしょうか。

 これには、大きく3つのパターンがあるとされます。第一は、後〇〇天皇が〇〇天皇の子という場合、第二は、後〇〇天皇は〇〇天皇と同じ場所に住んでいたという場合、そして第三は、後〇〇天皇が残した業績が〇〇天皇に似ているという場合です。また、この第三のパターンに近いといっていいか、生前に自ら望んで付けられた名前もあるようで、たとえば後白河天皇(第77代)は、上皇になっても天皇以上の権力を有した白河天皇(第72代)に憧れ、後醍醐天皇(第96代)も、醍醐天皇(第60代)の治世を理想としてこの名前を望んだといわれます。

 なお、中には「後〇〇天皇」は存在するにもかかわらず、その前に「〇〇天皇」がいないというケースもあります。たとえば、後柏原(第104代)、後奈良(第105代)という天皇はいますが、柏原天皇と奈良天皇という天皇はいません。実は、「柏原」は桓武天皇(第50代)、「奈良」は平城天皇(第51代)の通称で、それらに「後」をつけたのです。

 

f:id:yukoyuko1919:20200606034013j:plain

殺した仲間のほうが多かった新撰組

 幕末の動乱期に、京都守護職または幕府の配下で京都の治安維持に当たった「新撰組」。その前身である壬生(みぶ)浪士隊が結成されたのは1863年3月、そして鳥羽・伏見の戦いで敗れ、生き残った近藤勇らが江戸へ逃げたのが1868年1月のことです。したがって、新撰組が京都で活躍したのは5年弱の期間に及びます。

 その間、新撰組の厳しい取締りによって京都市中の平穏は何とか保たれました。しかし、そのために、尊皇攘夷派の人々が血祭りにあげられました。いったいどれだけの人数が犠牲になったか詳しく分かっていないようですが、実は、それ以上に新撰組内部の粛清によって殺された同志の数のほうがはるかに多かったといわれています。

 戦死以外の理由で死亡した隊士たちは約70人おり、うち40人近くが、隊規である「局中法度」違反や「士道不覚悟」などの理由で粛清されたものとされます。そのなかでも有名なのが、芹沢鴨(せりざわかも)一派と伊東甲子太郎(いとうかしたろう)一派を葬ったときです。

 芹沢を粛清したのは1863年9月、新撰組がまだ創生期にあったころのことです。宿舎だった八木邸の自室で就寝していた芹沢を深夜に襲い、斬り殺しました。このころ近藤と芹沢は主導権をめぐって対立しており、狂気的な粗暴さのある芹沢がリーダーになれば新撰組の将来はないと危惧した近藤らが凶行に及んだものでした。

 伊東甲子太郎の一派を掃討したのは1867年11月。伊東が門弟数人とともに入隊したのは1864年11月ごろで、伊東の人物に惚れこんだ近藤は、彼をいきなり参謀の地位に据えました。しかし、やがて伊東が諸藩の志士と交わり勤皇活動に傾斜したため、近藤らと対立。そして、同志を集めて新撰組を脱退しようとしたことから、近藤が配下に命じて斬殺。その死体を回収に来た一派をも待ち伏せして一挙に殲滅しました。

 新撰組は、全盛期には200人を超える隊士を抱えていたといいます。血気に逸るこれだけの大人数をまとめるのは並大抵でなく、組織の規律を守るためにやむを得なかったともいえましょう。ただ、そうしたこともあってか「殺戮集団」「人斬り集団」のイメージが強い新撰組ですが、実際の活動は捕縛(生け捕り)を原則としていました。かの池田屋事件も、最初は相手の人数が多いためやむなく斬る方針で戦い始めたものの、援軍が来て有利になると捕縛方針に切り替え、結果、斬殺したのが7人、傷を負わせたのが4人、捕縛したのが23人と報告されています。

 

f:id:yukoyuko1919:20191118132108j:plain

新撰組顛末記 (新人物文庫)

新撰組顛末記 (新人物文庫)

 

その後の徳川慶喜

 明治維新は、いわば革命というべき大事件でした。そして、江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜は、明治新政府にとっては最大の敵だったわけです。憎くて憎くてしょうがない相手だったはず。にもかかわらず、新政府は徳川家の誰も殺したりはしていません。意図して殺したのは、新撰組近藤勇と、幕臣小栗上野介ぐらいのものです。この二人だけはめちゃくちゃ危険人物とされたのです。

 一方、慶喜は殺されるどころか、やがて明治政府によって丁重な扱いを受けるようになります。維新から30年を経た1898年の3月2日、慶喜は、明治天皇昭憲皇太后から千代田城(江戸城)に招待されました。このとき、慶喜は62歳。宴の席で、明治天皇慶喜に酒を注ぎながら、「慶喜、すまなんだな」と言ったと伝えられています。 

 その4年後、慶喜華族に列せられ、公爵の位を授けられました。また、大政奉還江戸城開城を経て、慶喜に代わり徳川宗家の相続を許可された田安家の家達(いえさと)は、駿府藩主として70万石を与えられています。そして、1890年の帝国議会開設と同時に貴族院議員となり、さらに延べ31年にわたって貴族院議長も務めました。当時の新聞が家達のことを記事にするときは「16代様」と呼ぶのをつねとしたそうです。

 それでは、大政奉還後の慶喜は、いったいどのような生活を送っていたのでしょうか。はじめは引き続き政権の中枢に留まる構想ももっていたようですが、翌年に江戸城無血開城されたときには、慶喜はすでに江戸城を出て、上野の寛永寺(徳川家の菩提寺)で謹慎中の身にありました。それから、いったん水戸へ移った後、7月に徳川家ゆかりの地である駿府(静岡)へ移転。翌1869年9月に謹慎は解除されましたが、それからも静岡で30年間暮らし続けました。

 ここでの日々の生活は、もはや政治的野心は捨てて、ひたすら趣味に没頭して過ごしたようです。慶喜の趣味は多く、武士の素養としての弓、馬術にはじまり、能楽謡曲日本画、読書、囲碁なども得意。静岡に移ってからは、写真と狩猟も始めたとか。金銭的には、徳川宗家から定期的に「御定金」が送られてきましたし、華士族の秩禄廃止に伴って交付された金禄公債ももらい、困窮する心配はまったくなかったのです。静岡の人々からは「ケイキ様」と呼ばれ親しまれたといいます。

 さらに体力を持て余していたのか、夜の生活もたいへん元気だったらしく、3人の側室に21人もの子供を産ませています。1897年に再び東京・巣鴨の屋敷に移り、貴族院議員として政治に関わるようになりましたが、8年務めて引退。その後は小石川の屋敷に移って静かに暮らし、16年後の1913年に77歳で亡くなりました。明治維新の渦中にあった人物の中ではいちばん長生きしたといわれています。やっぱりストレスのない生活がよかったんでしょうかね。

 

f:id:yukoyuko1919:20200525080934j:plain

諸葛孔明の反乱平定策

 天才軍師として名高い諸葛孔明(181~234)。「三国志」屈指のスーパースターであり、劉備玄徳(161~223)を補佐しての国を打ちたて、魏、呉、蜀による三国鼎立を成し遂げた立役者です。それまで晴耕雨読の日々を送っていた孔明を、劉備が3度訪ねてようやく幕下に加えたという「三顧の礼」の話は有名ですね。

 その孔明が蜀の軍司令官だったとき、南の地域に起こった反乱を平定することとなりました。反乱軍のリーダーは孟獲(もうかく)といい、様子を探ってみると、現地の民衆はみな彼に心服しているといいます。そこで孔明は、自軍の兵に対して、「孟獲を破っても、殺さず生け捕りにしてこい」と命じました。

 そして、敗れた孟獲孔明の前に引き据えられると、孔明は、孟獲の縄を解き、何と自軍の陣容を隈なく案内して回り、「どうだ、この陣立ては?」と意見を求めたのです。孟獲は答えました。

「これまでは、どこが手薄か分からず敗れてしまったが、おかげですっかり分かった。この程度なら、いとも簡単に破ってみせる」

 孔明は笑って孟獲を解き放ち、再び戦って勝利し、また孟獲を捕らえました。同じことが7回も繰り返され、7回目にはさすがの孟獲も、孔明の前に深々と頭を垂れ、「孔明殿のご威光はまこと天にも比すべきもの。われらはもはや二度と反乱など起こそうとは思いません」と誓ったのです。 

 さらに孔明は、反乱を起こした各地の責任者を任命するに際し、現地の人間を登用し、彼らに統治を委ねることとしました。これには幕僚たちからも「あまりにも無謀ではないか」と猛反対する声があがりました。しかし、孔明は、こう言って反対意見をおさえました。 

「第一に、もし中央から役人を派遣すれば、軍隊も常駐させねばならないが、その兵糧を補給する目途が立たない。第二に、現地の人々は戦に破れたばかりで、中には肉親を殺された者もいる。警護の軍もつけずに役人だけを派遣すれば、きっと再び反乱が起きる。第三に、現地の人々はこれまで重ねてきた罪に対し、どんな厳しい処分を受けるかと、内心びくびくしている。役人を派遣しても、決して心を許さないだろう。だから私は、軍隊を常駐させず、したがって兵糧を補給する必要もなく、まずは秩序を回復し、皆が平和に暮らせるようにしてやりたいのだ」

 

f:id:yukoyuko1919:20200619081019j:plain

諸葛孔明〈上〉 (中公文庫)

諸葛孔明〈上〉 (中公文庫)

  • 作者:陳 舜臣
  • 発売日: 1993/10/01
  • メディア: 文庫